オンライン書店の違い

オンライン書店の違い

オンライン書店の違い 電子書籍の2大オンライン書店、Kindleと楽天Koboの違いについて説明します。この2つの違いは、電子書籍を購入するサイトが異なります。前者はAmazonの、後者は楽天の商品です。
Amazonはジャンルが豊富で文豪の名作を無料で読めるほか、読み放題のサービスがあります。期間限定でコミックの無料配信や、作品の冒頭部分を試し読みが出来るので購入前に内容を確認することが出来ます。端末も楽天より安く購入することが可能になります。常にセールが行われており、50%以上の割引も用意されているのでお得に購入出来ます。
楽天は品揃えが豊富で、人気コミックやベストセラー小説など幅広いジャンルを取り扱っています。特に文学や小説、コミックや洋書などが豊富に揃っています。ポイントが溜まることは勿論、毎週割引クーポンが配布されるのでお得に購入出来ます。雑誌を定額で読み放題となるサービスもあり、別冊やムックも含まれているので雑誌が好きな方にはおすすめです。

電子書籍を買う場合の注意点を知ってますか

電子書籍を買う場合の注意点を知ってますか 電子書籍を買う場合には一つ注意点があります。まずどのようなリーダーで使えるのかという点です。自分の持っているリーダーに対応していない場合は電子書籍を購入しても読めない場合もあります。パソコンに対応している場合は、パソコンで利用できるのでいいのですが、指定のリーダーが決まっている場合には気を付けてください。
他にも注意なのがどのような契約なのかを把握する事です。一度購入すれば永遠に読めるものもありますが、レンタルの場合ですと指定期間を過ぎると読めなくなってしまいますので何度も読み返したい場合には注意です。
他にもコピーや共有が禁止されており、それを破ってしまうと法的処置を講じられてしまいます。実物の書籍とは違い、一度購入すると一ページたりとも呼んでいなくても返品できません。
ただファイルに損傷があった場合には交換してもらえますので必ず運営の方に問い合わせをしてください。注意さえしていれば便利に利用できます。